人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2008年 01月 21日
転身!?
転身!?_b0075027_23491177.jpg2008年から、ワタクシ木彫作家に転身しました!

ということはもちろんなく、道具づくりなのです。
鍛金をするときに、真っ平らな板をいきなり金鎚で叩き始めるのはなかなかどうしてやりづらいので、最初に荒く叩いて皿状にします。
が、いままで3年間、皿状にするための皿状の木の台がないまま、だましだましやっていました。
なくても何とかなるのですが、まああった方が便利だよねと思い切って鑿をふるってみました。

大学1年の時の彫塑の授業で余った木。
10年以上庭に放置されて、植木の台的な扱いをされていました。
表面は汚れているものの、長期放置のおかげで完全に水分が抜けて軽くなってます。
物持ちが良くてよかったー。
何の木かわからないけど、メチャクチャ柔らかい!ということもなさそうなのでこれでいっちゃおう。

皿状と言っても、丸く皿形に彫る必要はなく、半月型に彫ります。
以前講師の先生に教わったのですが、その方が汎用性が高いし深く絞れるのです。

途中で鑿を研ぎつつ、彫っていく。
彫塑の時は上手く研げなかったっけ…今回はピシッと平らに研げているようです。
いつもは小さいタガネをほぼ空振りすることなく叩けているのに、こんなに大きい鑿はハズしまくりで、右手の人差し指の付け根を何度叩いたことか。
やり慣れない動きをしているので腕の筋肉も痛いし。あ〜。

3時間ほどかけて、なんとか写真の状態まで彫り進み、完成!
使い心地もなかなか上出来。
割れたりしないようであれば、いつかあいたスペースに他のパターンも彫ろうかな。

by knkngi | 2008-01-21 00:02 | しごとば


<< あの素晴らしい街にもう一度      大相撲初場所観戦 >>