2007年 03月 11日
でかけよう!
だんだん暖かくなってきて、仕事もないことだし、ポケモンばっかりやってる場合じゃないでしょう!
ということで久しぶりに巡ってきました。
幸いなことに、珍しく知人の展示が多数重なっているので巡りまくりです。
最終日に滑り込みです。


【ARAGANE EXHIBITION 2007】 ワコール銀座アートスペース
金属造形作家ばかり十数名のグループ展。
でも私が知っている人は一人だけ。しかもちゃんとお会いして話をするのは初めてなのですが。
色々なジャンルの作家さんが出品していて、一つ共通して言えるのは確かな技術でレベルが高いこと。
こんなにも金属で物をつくっている人がたくさんいるんだと励まされました。
そしてその唯一の知人、佐藤伊智郎さんの「続けた者勝ち」という言葉にも納得。
そう、やっぱり継続は力で、続けたモン勝ちなんだよね。私は勝ちたい。
佐藤さんの作品は、鉄と樹脂を組み合わせたサイドテーブル。
塗装された鉄が、着色されたチタンみたいでキレイだった。
そういえば私も樹脂を使おうと思って2年くらい前に買ってあったような…?早く使わないとダメになっちゃうよなあ。何か考えなきゃ!


【奥山直人 展】 養清堂画廊
ムサビ版画研の助手さんの個展。
奥山さんの作品は、版画でありながら一発勝負の一点物でいさぎよい。
黒一色なんだけど質感が面白くて深みがある。
久々に作品を拝見したのだけど、以前よりも少しだけ具象的になっていて、抽象画がほぼ理解できない私にとっては今回の作品はとても好きだ。
どうしても抽象画だとどうやってみたらいいのかわからないけど、少しでも具体的になんなのか想起できる物があると、そこから世界が広がっていける。
一つ一つに物語を感じた。
奥山さんとも久々にお話しすることができてよかった。


角文平 展】 GALERIE SOL
つづいて金工の後輩、角君の個展。
残念ながら本人には会えなかったけど、別の後輩と遭遇。色々と話しながら拝見する。
キャタピラやクレーンなどがまるで玩具のようで、男の子らしいんだけどどこかかわいらしい。
大きな鉄の作品も作りつつ、かわいい小作品も作るところがにくいよねえ。
「コロコロなるままに」という、コロコロコミックを使った作品を触りたかったけど、作者不在だったのでガマンした。紙でもあんなにツルッツルになるのねえ。
彼のウェブサイトでも見られるようです。
太郎賞も見に行かなくちゃなあ。


【嶋田喜昭 展】 ギャラリーQ
ムサビ彫刻の元助手さんの個展。ずっと鋳造で大きな彫刻を作っている。
今回も私の背丈を超えるような大きな作品で、九十九里のアトリエ(ご本人曰く「野原」)で吹いているそうです。野焼きかあ…ちょっと楽しそう。
今回は特にモチーフはないとのことですが、私にはなにか古代生物の骨格のようにも見えました。
そしてそして、ソフトクリーム(本物)を石膏取りして作ったという衝撃の作品がとてもステキでした。それは思いつかなかったわー。


小野誠 加藤智大 金工二人展ー幻想天秤とスモッグスー】 ギャラリー&スペース ファンナーン
タマビ金工大学院生小野誠さんの二人展。
以前私が参加していた「金属の仕事展」を見に来て下さっていて、展示の案内を頂いたこともあり、しかもそれがカッコイイ作品だったので気になっていました。作品ともご本人とも今日やっとご対面です。
私が作れないタイプの、カチッとした作品。「幻想天秤」という響きもまたいいです。
ギャラリーの雰囲気とも、加藤さんとの作風も合っていてちょっとうらやましかった。
私とマッチする作風の人、いないかなあ…。グループ展もいいけど、二人展ってやったことないなあ。
後輩以外のヤングなメンズと久々にお話しできたのも嬉しかった。とか言っちゃうのもやばいなあ、もうすぐ31歳。


【久野真琴 展 あたたかな器たち】 ギャラリーPARTY
ムサビ陶磁の教務補助さんの初個展。
タイトルの通り、あたたかみのある器や花器がズラリと並ぶ。
ギャラリーの中にキッチンもあって、まるで彼女のお家にお呼ばれしたような気分。
プロペラが付いた潜水艦みたいな花器がかわいかったなあ。
食器の展示って、いつも欲しくなるけど、実家暮らししているとなかなか使えなかったりするのが残念。いつか気兼ねなく買えるようになるといいな。


そろそろ個展もやりたいなどと思う今日この頃。
いい刺激になりました。
いい作品を作るだけでなく、いい展示をつくること、それが今の私の課題です。
はてさて、写真の一つもない長い駄文をここまでお読み頂いた方、ありがとうございました。
[PR]

by knkngi | 2007-03-11 03:56 | みにいく


<< 楽しい2週間はじまる      ゲボーイ >>