2006年 12月 05日
ベルギーから銀座へ
前から行きたかったベルギー王立美術館展を見に、上野の国立西洋美術館へ。


前もってセブンイレブンの最高コピー機(家にも欲しい)でチケットを購入していったものの、チケット売り場は数人しか並んでいなかった。
会場内はそこそこの混雑だけど、上野の展示にしては空いている方か?

絵画のことは(実は工芸のことも)よく知らないのですが、ベルギー美術、面白い。
ものすごい広角レンズで切り取られたように、小さい人々が画面のそこここにうごめいている絵。
短時間では見切ることが出来ないほどのドラマが一つの絵の中で繰り広げられている。

昔はやった「ウォーリーを探せ」を思い出して頂きたい。
あそこまで細かくはないにしても、あのくらい盛りだくさんな感じ。
そんな作品がワンサとあるので、かなりのパワーが必要だ。

古い時代の物の中では、地獄の絵が良かった。
オッサンが口からお酒?を吐いてる絵もなかなか衝撃的だった。
他にも、自分の目がおかしくなったのかと思うくらい、木の葉が飛び出て見えた絵もあった。

少し前に見逃した、ジェームズ・アンソールの作品もあった。
この人もベルギーだったのか。
やっぱり個展に行けなかったのが悔やまれる。
ドクロキャラがすてきだなあ。

最後の部屋には今回の私的メインだったポール・デルヴォー。
数年前、思わずジャケ買いしてしまったベルギーのアニメーション作家ラウル・セルヴェの「夜の蝶」
ポール・デルヴォーの絵が元になっていると聞いて、是非一度本物を見てみたかったのだ。
人形のように無表情な人間と、夜の駅。
こんなに大きな絵だったんだ。中に入れそう。
マグリットもキレイだったけど、やっぱりデルヴォーの勝ち(?)かな。

せっかくなので常設展も見てから、ミュージアムショップへ。
なんと、後輩の鈴木美貴子ちゃんの作品が売られているのだ。
マグリットの「光の帝国」をモチーフにしたペンダント。かわいい。

そうそう、auユーザーの方、料金の明細書と一緒に送られてくる冊子の11月号の表紙もミッキーの作品だったのです。
まだ捨ててない方はもう一度見てみてくださいな。
壁紙もダウンロード出来るらしいですよ。


b0075027_2361256.jpg駅と西洋美術館の間の銀杏もキレイでした。
まさにマグリット色。
浮かぶ巨大なウ○コにも見える。
またも下品でスミマセン。

そんなこんなで上野を後にして、銀座へ移動。
今日は珍しく絵画の展示が続きます。

【甲田洋二展】 銀座 シロタ画廊
大学の絵画の先生の個展。
包帯を巻いた犬と、自画像。とても激しい。
ベルギーの絵画と並んでも負けない、ものすごいパワーを感じる。
犬の絵、かっこよかったなあ。

たまたま会場にいた金工の先生Yさんと一緒に展示をハシゴする。
銀座不倫デート☆なわけない。

【鈴木美貴子展】松屋7階
今日2度目のみっきーです。残念ながら本人には会えず。
夏に続いて冬にも展示するなんて、きっと前回の展示が好評だったのでしょう。
回を増すごとにどんどん良くなってるのがわかる。
今後の活躍もとても楽しみなのと同時に、ちょっと焦ってしまうなあ。

【那須光則展】 なびす画廊
作品をちゃんと拝見するのは今回で2度目だ。
お城の石垣のようにつぎはぎされた鉄。
壁のように立ちはだかるけど、横から見ると薄くって、揺れる。
私はもう大きい作品は作りたくないんだけど(重いから)、見上げるとか立ちふさがる感じの物を作ってみたくなった。さてどうしようか。

【木のくるまたちと用の美を備えた道具たち】
小林広司鬼束恵司 彌屋ギャラリー
日比谷の帝国ホテル内にあるギャラリー。
ホテルの地下にこんなアーケードがあったなんてしらなかった!
鬼束さんが大学の先生で、オールハンドメイドでナイフを作っている。
中でもソムリエナイフはとても使いやすく、簡単にワインの開栓ができる。

小林さんの木の車は、ムクの木を削って作った柔らかいフォルムのくるまたち。
これは車好きのおじさま達にはたまらないだろうなあ。
さすがにジムニーは無かった。残念。

と、思ったらビックカメラの玩具売り場で私の乗っている原付ジャイロXのチョロQを発見!!
うれしくなって思わず2個も買ってしまった。
私のジャイロちゃんと同じカラーにペイントしようっと♪
[PR]

by knkngi | 2006-12-05 23:38 | みにいく


<< 愛車のお手入れ      シュヴァンクマイエルのアリス展 >>