2006年 09月 10日
横浜へ。
横浜へ、後輩の展示を二つ見に行く。

b0075027_2583117.jpg一つ目は、後輩であり、同僚でもあった横澤昇君の個展。
横澤昇のギリギリアート さらば!!ブツゾウ?岩崎ミュージアム
今日は自らの作家生活(学生時代を含む)を振り返るスライドショウ。
懐かしい作品の写真や、誰でもピカソに出ていたときの映像などを見せてくれた。
変わらないようでいて、やっぱり若い!!お肌がツヤツヤしている!!(と出演者にも言われていた)
ホント色々あったよなあ〜。
新作も数点有りましたが、タイトル通り色んな意味でギリギリ感あふれる展示でした。
18日まで、港の見える丘公園隣の岩崎ミュージアムにて開催中。



b0075027_259532.jpgなんだかんだで3時間ほど展示会場で過ごし、横澤くんも一緒に次はもう一人の後輩岡本道雄くんの初個展へ。
会場は毎度おなじみ横濱牙狼画廊
彼も金工出身ではありますが、今回は絵画作品の展示。
不思議な雰囲気を持った人物の肖像画。
DMでみると背景がグレーなせいかちょっと暗い印象を受けましたが実物はそんなことはなく、ポジティブに感じました。
道雄の友人Sによる、道雄に贈る歌のプレゼントも素敵で、会場にいたみんなで聞き惚れてしまいました。こんな歌を歌う人だったのか、S。

牙狼画廊のパーティーの後にいつも行っていた「あっぱれ」という飲み屋がなくなってしまっていた。せっかく顔も覚えてもらってたのになあ、残念。
[PR]

by knkngi | 2006-09-10 03:07 | みにいく


<< 数字 -Number-展      カラオケ! >>