人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2012年 01月 04日
それを初夢というならば
1月2日の夜から3日にかけて見る夢を初夢というならば。


出勤しようとして身支度をしていると、ファンデーションが髪の毛についてしまう。
なぜかクリームチーズのようにこってりべっとりしていて、なかなか落ちない。
それを洗っているうちに、いつもの電車に間に合わない時間になってしまう。
あきらめて一本遅い電車に乗るために家を出る。
(ちなみに夢の中で乗ろうとしていた電車は、今現在通勤に使っている発時刻ではなく、高校時代に乗っていた発時刻であった)

無事に次の電車に乗れたものの、なぜかとても空いていて余裕で座れる。
いつもなら、座って行くために三鷹始発の総武線に乗り換えるところだけど、座れたんならこのまま快速で行こう。

ところが普通の中央線ではなかったらしく、新宿の次は「武蔵小杉台」だという。
どこそこ!?
あわてて「武蔵小杉台」で戻る電車に乗り換えようとすると、一駅で東京駅に行く電車があるというので、それに乗る。
よかった、東京駅からちゃんと乗り換えれば間に合う…と安心したのもつかの間、東京駅は東京駅でも、京葉線の東京駅に着くという(同じ東京駅だけど、乗り換えに一駅分くらい歩く)。

なんとか京葉線の東京駅に到着。
中央線に乗り換えようと、地下通路を早足で歩く。
あるところで行き止まり、壁を登らなければならないという。しかも一人ずつしか登れないくらいの幅しかない。
躊躇していたが、後ろに通勤客が通勤客が詰まっているので、なんとか壁を登って上の階へ。
「なんだこの道!」と思っていると、前にいたお姉さんが「この通路ができたから、随分早く行き来できるようになったのよ」と教えてくれる。
上の階は駅の外になっていて、どっちへ行ったらいいのかよくわからなかったが、他の通勤客について行く。
それを初夢というならば_b0075027_2392033.jpg


という夢なのですが、なにを暗示しているのでしょうね。

今日は初めて高架化された南武線に乗りました(これは現実)。
まだまだ片側だけですが、大いなる進歩!
しかし駅は工事中で、ホームに行くまでに遠回りさせられて不便でした。
まるで今朝見た夢のよう…予知夢?

写真は約1年前に惜しまれつつも現役を引退した、西武線の黄色い電車です。
本文とは関係ないですが、総武線、南武線と、黄色と「武線」つながりってことで。

by knkngi | 2012-01-04 02:40 | つぶやく


<< 今年の年賀状      あたらしい年のはじまり >>