<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 29日
展示終了、そして戦利品は
下北沢で行われた日韓交流工芸展「飾る」が無事に終了致しました。
連日の猛暑酷暑激暑の中、足をお運び頂いた皆様、本当にありがとうございました!

会期中は先週から巨大化し続ける口内炎に苦しみ、せっかくの下北沢という素敵スポットであるにも関わらず食事が楽しめず。
ギャラリーの向かい側に有名なカレー屋さんがあるにもかかわらず、結局行けずじまいでした。
まあ、元々辛いもの自体苦手なので、好調の時に行ってもマトモに食べられるかどうか…?

せっかく面白そうなお店が並ぶ下北沢なので、ギャラリーに向かう途中や昼休み、展示終了後などに街をブラブラしました。
会期中にゲットしたものは…
b0075027_031268.jpg

ヴィレッジヴァンガードのガチャガチャにて、かわうそと傷とダムダム人のストラップ。
機械のかわうそとしいたけが欲しかったけど、100円玉が手元になかったのでこの3つでストップ。
しかし、ダムダム人(一発で変換できる…)のミョーにリアルな質感に感心しきり。
おおダムダム人、ダムダム人よ〜♪

そして、ギャラリーのすぐ近くにある、プレイモビルや輸入フィギュア(アニメとかではなく、動物など)屋さんで…
b0075027_0311680.jpg

フクロウナギのフィギュアをゲットぉぉぉ!!
結構でかい!!
そしてシワシワでグロい!!
これはSafari Ltdという、リアル動物フィギュアをたくさん出しているメーカーの商品なのですが、それほど多くない魚類のラインナップに突然あらわれた、マイナーな深海魚。

とはいっても、深海魚の中ではメジャー(だと思う)で、私は子供の頃に図鑑で見て、そのものすごいバランスに一発でやられてしまったのです。
深海魚好きになるきっかけとなる魚であります。

巨大な口で、深海では滅多に出会えないエサを余すところなく飲み込む。
下あごは膜のように薄いらしく、ビロビロしています。
シッポの先端が発光器になっていて、それでエサをおびき寄せます。

それにしても、もっと他に売れそうな魚がいっぱいあるだろうに!
私のために、フクロウナギを作ってくれてありがとう!!

ほかにもウツボとか、タコとか、カブトガニなんかに心惹かれましたが、今日は手持ちで搬出するために荷物を増やすことも出来ず、仕方なくフクロウナギ(Pelican Eel)だけを購入することにしました。

深海魚のフィギュアを買ってウキウキしている34歳、女。
モテるわけがない!!!
[PR]

by knkngi | 2010-08-29 01:00 | つぶやく
2010年 08月 25日
グループ展、開催中!
b0075027_1548444.jpg

昨日から、下北沢のGallery Kyoにて、日韓交流工芸展「飾る」が開催中です。

初日である昨日は夕方からオープニングパーティーとギャラリートークも催されました。
平日の夕方にもかかわらず、予想以上の賑わいとなりました。

日本語と韓国語を通訳してもらいながらのスライドショーも盛り上がりました。

その後、近所の居酒屋に場所を移して行われた二次会も大盛り上がり!

日本語と韓国語と英語を使ってなんとか言葉の壁をよじ登り。
積極的に話し掛けることのできない私はザ・日本人なのだと改めて実感。
必要なのは語学力よりも、何かを伝えようとする心意気と度胸!

まあ私は普段から話しの糸口を掴むのが下手くそなので、まずはそこからだよな…。

展示の期間は短く28(土)までですが、皆様のお越しをお待ちしております!

ぼんやり人も、ぼんやりしながら待ってまーす!
[PR]

by knkngi | 2010-08-25 15:48 | つぶやく
2010年 08月 24日
展示が始まります!
なんとか搬入を済ませてきました。
13人という大所帯というだけでもなかなか大変なのに、言葉の壁もあり、久々に難儀しました。
でも、しつこく調整したおかげでいい展示になってると思います。

下北沢にも久々に行って、しかもギャラリー付近はあまり立ち入ったことのないエリアだったので、気になるお店もたくさん!
街ブラしたい!!

初日は、夕方にはほとんどの出品者が会場に来ますので、是非パーティータイムにお越しください。
私は初日と水曜日は終日、土曜日にも在廊する予定です。
よろしくお願いいたします!!



【日韓交流工芸展 飾る KAZARU】

井上 剛(ガラス)、岡田 愛子(プラスチック)、川崎 貴子(陶磁)、薗部 秀徳(木工)、鄭 継深(ガラス)、永井 佳奈子(金工)、南 時俊(金工)、
盧 眞珠(陶磁)、Kim Jin Kyoung(陶磁)、Lee Jae Joon(陶磁)、Lee Tae Heung(陶磁)、 Pyon Kyu Ri(陶磁)、Yeo Kyung Ran(陶磁)

2010/8/24(火)~8/28(土)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
オープニングパーティー/出品作家によるギャラリートーク
8/24(火)17:00より

Gallery Kyo
〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-45-11
TEL&FAX  03-6416-8641
http://www.gallerykyo.com
[PR]

by knkngi | 2010-08-24 04:26 | おすすめる
2010年 08月 17日
展示のお知らせ
2002年と2004年に韓国はソウルで開催された日韓交流展が、6年越しでやっと日本で開催されることになりました。
久々にギャラリートークなんてことをしなくてはならないので、一体何を話そうか、そろそろ考えておかなくては…。
会期は少し短めですが、皆様のお越しをお待ちしております!

今回は割り当てられたDMの枚数の事情などから、いつもDMを送らせていただいている方々に送ることができません。
届いてない!という方、申し訳ございません…。


【日韓交流工芸展 飾る KAZARU】

井上 剛(ガラス)、岡田 愛子(プラスチック)、川崎 貴子(陶磁)、薗部 秀徳(木工)、鄭 継深(ガラス)、永井 佳奈子(金工)、南 時俊(金工)、
盧 眞珠(陶磁)、Kim Jin Kyoung(陶磁)、Lee Jae Joon(陶磁)、Lee Tae Heung(陶磁)、 Pyon Kyu Ri(陶磁)、Yeo Kyung Ran(陶磁)

2010/8/24(火)〜8/28(土)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
オープニングパーティー/出品作家によるギャラリートーク
8/24(火)17:00より

Gallery Kyo
〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-45-11
TEL&FAX  03-6416-8641
http://www.gallerykyo.com
b0075027_453069.jpg

[PR]

by knkngi | 2010-08-17 04:10 | おすすめる
2010年 08月 04日
キテレツ生物と白黒の世界
もう先週のことですが、渋谷のBunkamuraに「ブリューゲル 版画の世界」を見に行ってきました。

国立新美術館にルーシー・リーを観に行ったときに、乃木坂駅の地下通路に貼ってあったポスターを一目見てグッと来ました。
読売新聞を切り抜いた100円割引券をしっかり持参して行ったのは平日の午後。
夏休みのせいか、そこそこ混んでいました。

細かい銅版画な上に、画面の隅々まで人物やキテレツな生き物がぎっしり描きこまれた作品。
近くで見ないとわからないし、一点一点観るのに時間がかかるのはわかるのですが…。
壁沿いにズラリと人の列!展示室に入った瞬間、一瞬のけぞってしまいました。
さすが行列好き&律儀な日本人!順番に見ないと気が済まないのかな?
近くにいた外人のオジサンもびっくりしたのか、連れの日本人に説明されて「ジュンバン…」とつぶやいていました。そういうものなのか、という感じで。

私は美術館の行列には耐えられないので、いつも通りすいているところからジュンバンに観る「ヒット&アウェイ作戦」でスイスイ観る。
一度最後まで見て、また最初に引き返して、見られなかった作品を観るという寸法。
メインの作品でもなければ、大体列が途切れる時が来るもんです。

恥ずかしながら知らなかったのですが、ブリューゲルが描いたものを、専門の彫師が彫って版画にしていたんですねー。
ブリューゲルの原画と、版画にされたものが並んでいましたが、原画と比べるとかなり線が整理されて見易くなっていました。
左右が逆転しているのも知りませんでした。
日本の木版画はかなり原画を再現していてすごいと改めて思いました。

私が一番いいと思ったのは「大きな魚は小さな魚を食う」という作品。
このページの下の方で細部まで見ることができます。
この人が描く、モヨンとした魚の口の形がいいんだな。
会場内でこの絵をアニメーションにして流していましたが、それも良かったです。

悩んだ末に図録は買わず、魚のポストカードを1枚買って帰りました。
結構な厚みのある紙で、1枚100円とはなかなかの良心価格。

帰りに東急本店の中で、他の場所では見たことがなかったこの展示のチラシをもらってきました。
今まで見たことがあったチラシはA4のペラ1枚だったのですが、ここにあったのはA2を四つ折にした大きいもの。
裏には「傲慢」という作品をデカデカ拡大して、モチーフの意味などの注釈がついている。
図録よりでかくて観やすい!
他の図版も小さいながら10点程載ってるし、ヘンテコ生物もたくさんいるし、図録いらずのステキチラシ。
Bunkamuraさん太っ腹!

本気で観ようと思ったら、何時間あっても足りないような展示でした。
[PR]

by knkngi | 2010-08-04 22:57 | みにいく