<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 26日
雨予報
明日から韓国へ行って来ます!
韓国旅行はこれで3回目。
過去2回は展示のためだったので、一週間以上という長めの滞在。
しかも現地の作家さんが至れり尽くせり色々なところへ連れて行ってくれたのでとっても楽チンでした。

韓国も、海外旅行自体も5年ぶり。
純粋に遊びに行くのは今回が初めて!
そして、買い物する気の旅行も初めてかも!
といってもブランドものには興味がないし、思い切り買ってもせいぜい2〜3万円くらいでしょうけど。
今回も靴をオーダーメイドできたらいいなあ。

b0075027_22325110.jpg3泊4日で、実質動けるのは中2日。
天気予報によれば、その2日間は雨らしい…。
せめてどしゃ降りじゃありませんように!
[PR]

by knkngi | 2009-06-26 22:33 | つぶやく
2009年 06月 22日
横切ったものは
夕食後、門を閉めるためか庭に出ていた母が戻ってきた。

b0075027_0262986.jpg母「タヌキの親子が歩いてた!」
 「花が生えてる方から畑通って隣の家の方に行っちゃった。」
 「タヌキ。ハクビシンじゃなくてタヌキよ。鼻のところ白くなかったもん」

とのご報告。
うちの猫くらいの大きさで、シッポが太かったそうな。

父「うちってそんなにイナカだったのかよ〜。それじゃ(家庭菜園の作物を)やられるわけだ」
と言って懐中電灯を持ち、夜の虫取り作業へと出て行った。
去年から何者かに畑を荒らされていたので、ハクビシンじゃないかと推理していたが、どうやら外れたようだ。

タヌキなんかいるんだ〜!
見てみたい!

写真はもちろんハクビシン
ではなくて、お世話になっている先生宅のモルト君。
デカくてフワフワでかわいい〜☆
[PR]

by knkngi | 2009-06-22 00:28 | いきもの
2009年 06月 19日
オレンジ色のシュール
三鷹の駅構内にて。

b0075027_395449.jpg


壁から中央線の旧車両の顔だけがコンニチハ!
右上の行き先表示がぐるんぐるん回転しています。
なんというシュールな光景。
皆さんは毎日見慣れているのか、立ち止まることもなくフツーに通り過ぎていきます。
ここ2階だし!おかしいでしょ!

とってもめずらしく酔っぱらっていた私は思わずコーフンして大声を出してしまいました。
イヤンお恥ずかしい。

シュールな電車の隣には、中央線の運転席からの光景を放送しています。
近づいて見なかったので、本物なのか作り物なのかよく覚えていません。
他にも色んな事がいっぱいあったので、記憶からはみ出てしまった模様。
この写真で見ると作り物なのかな〜?
来週のバイトの時にでももう一度見てこようっと。

改札内にあるので見るのにお金はかからないから、お時間のある人はぶらりとシュール体験しに来るのも良いかもしれません。
いつまで展示されてるのかは知りませんが。
帰りに駅ナカでスイーツとか買って帰ると良いのかもしれません。
[PR]

by knkngi | 2009-06-19 03:32 | おすすめる
2009年 06月 16日
愛される理由
さ〜て、そろそろ仕事すっか。

作業着に着替える。
作業用ズボンは夏や汚れる仕事でもなければ数日に一回洗うことにしている。
夕べ脱ぎ捨てたズボンをはいた。

右のおヒップに冷たい感触があった。
履いたばかりだからヒンヤリしてるんだろう。
数歩歩くと同じところがチクッとした。
最近湿疹ができていたので、また新たにできちゃったかな?
かくと酷くなるので、ズボンをつまんで皮膚から離す。
少々肌寒かったので、上に羽織るものを探すため、しゃがみはせずに体をくの字に曲げて、目当てのカーディガンを掴み、起きあがった。

パタン、と足元で音がした。
実は音だけではなく、ズボンの右足の中を何かが落ちていく感覚もあった。

右足の近くには、仰向けになったアイツがいた。
そう、世の中のほとんどの人に嫌われているであろう昆虫、ゴキブリである。
成虫よりは一回り小さく、おそらくまだ羽が生えてはいない3センチくらいの茶色い物体。

「ヒィっ!」
人間、本当に驚いた時には悲鳴なんてあげられないものである。
息を飲むのが精一杯。

何故、数十秒前のあの時、もっと疑わなかったのか?
右側だけ冷たく感じるなんておかしいではないか?
湿疹のチクチクとは違う刺激ではなかったか?

実は一瞬疑っていた。
あの感触を私は知っていた。
冷たくて、チクチク。

素足で踏んだ時の冷たさ。(2センチくらいのヤツ)
寝ている時に耳に乗られた時のチクチク感。(オトナのヤツ)
暗い洗面所で手を拭こうとしてタオルを掴んだ時に一緒に掴んだ時のチクチク感。(オトナのヤツ)

そっくりだった。
でも認めたくはなかったのだ。
確認するのが怖かったのだ。

声にならない悲鳴を聞いた母が、足だけピクピクと動く程度に瀕死のそれをティッシュで包んで捨てた。
断っておくが、私のケツ圧で瀕死になったのではない。はずだ。
なぜならば、昨日まで3夜連続でそのくらいのサイズのヤツが出現しており、3回とも殺虫剤をかけたものの、どこかへ逃げていったからだ。
きっとそのうちのどれかに違いない。

しばし呆然と立ちつくす私。
母「…とりあえず着替えたら?」
私「……うん…。」

前述の経験以外にも足に乗られたり、首元に乗られたり、数々の接触経験をしてきた。
何故?なんで家族の中でも私だけ!?
どうせなら独身男性に好かれたい。
って、前にも書いたような気がするな〜。
[PR]

by knkngi | 2009-06-16 03:16 | いきもの
2009年 06月 09日
ゴミ箱じゃないぜ
車を運転していると、時々運転席から道路にものを捨てる人に遭遇します。
そのほとんどはタバコ。
灰を落とすだけならまだマシな方で、平気で吸い殻をポイ捨てしていく人がいます。
それを見るたびに、

あなた様のお車にも灰皿は付いていらっしゃるんでしょう?
何故それを使わないのですか?
何のために付いているのですか?
単なる小引き出しですか?
道路は灰皿ではありませんよ?
捨てた灰や吸い殻が跳ね返ってお車を燃やしてしまえばいいのに。

といった想いを、それはもうバイオレンスな言葉遣いで心の中に抱きます。
そして今日も、ちょうど四谷付近で私の前を走っていた車の運転手が窓から手を出して何かを捨てていました。
最初は何を捨てているのかわからなかったのですが、しばらくするともう一度同じ仕草で何かを捨てました。

手にしていたのは…爪切り!
運転中に爪を切って、路上に爪だけ捨てていたのです!!
しかもその車はタクシー。

ナゼに今、運転中に爪をお切りになるのですか?
ご自宅にいらっしゃる時や、客待ちの時ではダメだったのですか?
道路はあなた様の仕事場ではないのですか?
運転を生業になさっているかたがそういう行為をするのはいかがなものですか?

ついでに言うと、道の真ん中で唾やら痰やら吐く人も理解できません。
百歩譲って、人が踏まないであろう端っこにして下さい。

ああ、でもかくいう自分も、ちょっとした糸屑とか、髪の毛とか窓から捨ててしまっている…。
五十歩百歩。
人のふり見て我がふり直せ。
以後気をつけよう。
b0075027_3442762.jpg

[PR]

by knkngi | 2009-06-09 01:12 | つぶやく
2009年 06月 07日
ID
先日、相次いで免許証とパスポートを新しく作ってきました。
免許は5年ぶり、パスポートは12年ぶりに作ったのですが、その新しい機能に驚きました。
両方ともICチップが入ったために分厚くなったのは残念。
特に免許証は普段持ち歩くし、かさばります。
財布のカード入れが伸びそうで嫌だなあ。

でも免許を取得してから約10年、やっとこさゴールドカード!!
更新の講習も短くて楽だった〜。
たった一度、原付のテールランプの豆電球が切れていた「整備不良」で罰金5000円取られ、おかげで自動車の保険料も若干余計に払わされていたわけで。
これからも気をつけよう!

いつの間にか道路交通法が新しくなり、今までの普通運転免許は「中型」ということになったそうな。
免許証には「8トン車に限る」などと書いてありますが、普通の人が8トン車を運転する機会はまずないでしょ!
2トンロングでも大変だったもんなあ。

b0075027_23281377.jpg

そしてパスポート。
今の日本の技術の粋を尽くしました!!って感じの芸の細かさ!
表紙からして、12年前のものとは随分違います。
写真でも違いがわかるでしょうか?
左が12年前の、右が新しいものです。

中の印刷も、お札と同じような少し盛り上がった質感の超精密印刷アリ、
透かしアリ、
角度によって見える図柄アリ、
レーザーによる穴開けアリ…。
写真も一回り大きくなり、その上にホログラムの透明カバーがされていて、これを偽造するのは相当の根性がいること間違いなし。
物作りに携わる者として、やっぱりこういう細工のすごさには感動してしまいます。

パスポート申請の時に必要なものも減っていて、とても楽でした。
顔写真が自宅でプリントアウトしたものでもいいというのは便利。
でも、その気になったらフォトショップでいくらでも顔をいじれちゃうよなあ…。

このパスポートにハンコを捺される日が待ち遠しいなー!!
[PR]

by knkngi | 2009-06-07 23:42 | つぶやく