カテゴリ:すもう( 33 )

2014年 01月 23日
大相撲初場所観戦 その3
さあ、やっとこさ席に着いて相撲観戦開始です。
すでに土俵上は幕下上位戦でした。

久々に土佐豊の取り組み。
応援していたけど、怪我のために前頭筆頭から三段目まで番付を落としていたけど、ここまで上がってきたねー。しかも勝ち越してるじゃない。
今日の取り組みも、格の違いを見せつける見事な勝利でした。再十両の日も近そうだ!
私と同い年、ベテラン若の里はかなり苦しそう。心配だなあ。
自分と年齢が近い力士たちはすでにベテランと呼ばれ、人数も随分少なくなってきました。切ない。

幕内土俵入り。
b0075027_11539100.jpg

今場所は日馬富士が休場しているので、普段は太刀持ちまたは露払いの安美錦は毎日自前の化粧まわしで土俵入りしています。
そんな貴重な場所なのに、展示やらなんやらでほとんど土俵入り観てないゼ…

館内限定ラジオ放送の『どすこいFM』の中入りのお楽しみ企画、親方とジャンケンして勝ったら土俵の土プレゼント。
元北勝鬨の伊勢ノ海親方、張り切っていたのにまさかの連敗!
私まで順番回って来ないかも?!
今日の私はいつも以上に冴えてないし、勝てないかも?!
という心配は杞憂に終わり、順番が回って来て、ジャンケンにも勝ちました。

b0075027_1154043.jpg


見事に『心』の土を獲得!!
以前『技』の土も手に入れているので、あとは『体』でコンプリートだ!

相撲観戦以外の部分でかなり満足してしまいましたが、肝心の取り組みも良かったです。
安美錦も際どいところを勝ったし、旭天鵬も勝ったし、ツーショット効果かなあコレは!(笑)
三大関も今日は力を見せつけてたなあ。
横綱は…もうちょっと楽しませてくれるといいんだけどな。まあこれは相手の方が悪いか。

いろんな汗もすっかり乾き、ゴキゲンだったので一駅歩いて帰りましたとさ~。
今年は五月も九月も行けそうな気配。
目標は、久々の東京場所制覇だ!

<<おわり>>




[PR]

by knkngi | 2014-01-23 00:34 | すもう
2014年 01月 22日
大相撲初場所観戦 その2
何だか色々汗をかき、もう大丈夫。
いい加減席に着いて肝心の相撲を見なくては。
そう思い二階へ行くと、そうだ、忘れてた!!

プリクラ撮らなきゃ!!

今場所から、幕内力士全員分のフレームが新登場したという。これは撮らなくては!!

ちょうど空いていたので、早速中へ。
お金を入れて、汗ばんだ身なりを整えて…とモタついているうちに、フレーム選択時間がなくなってしまった。
勝手に両横綱のフレームになってしまった!!ガーン!!

隠しきれないショックをなんとか隠し、笑顔を作って、両横綱と記念撮影。
日馬富士よ、どこ見てるんだ?目がウツロだよ。写真が良くないよ。

やっぱりどうしてもご贔屓のアノ人とツーショットを撮りたいので、わざわざ両替して、もう一度順番を待って再チャレンジ!

怪我の功名、二度目の正直でフレームを選択。今度はバッチリ安美錦を選択。
もう一人は、遠藤と迷った結果、旭天鵬を選択。
普通に撮ると、力士よりデカイ人になってしまうのはさっき学習したので、できるだけ引いて、ちょっとしなだれかかって…テンホー関には手なんか添えちゃったりして、撮影完了。
出来上がったものは……

b0075027_031544.jpg


う~ん、まだちょっとデカイ人になってるけど、満足です。
…一回500円もするけど!!

さて今度こそ相撲を見に行かなくては、と歩き出すと、そこには元魁皇の浅香山親方が!!
思い切って握手していただきました♪ぶ厚かった~。

あとでわかったことですが、その後魁皇さんも安美錦フレームでプリクラを撮っていた模様。
その様子も見ていたかった…!!

<<まだまともに相撲を観てないけどつづく>>




[PR]

by knkngi | 2014-01-22 23:53 | すもう
2014年 01月 22日
大相撲初場所観戦 その1
b0075027_23502256.jpg

一年ぶりに国技館までお相撲を観に行ってきました。
ポスターにできそうなくらいの青空!
しかしこの後はずっと屋内で過ごします(笑)

今回は二度目の一人観戦。
まずはちゃんこで汗をかき、

b0075027_23502331.jpg


その後、チケットを紛失するという大失態でヘンな汗をかくハメに…
係の人に聞きにいくと、協会事務所へ来てくださいとのこと。

館内にいるということはチケットを持っていたということなので、チケット自体がなくても観戦して良いが、実券が優先される(=拾った人が自分のだと言い張ったら負ける)とのこと。

事務所に届いていたとしても、ぴあ等で買った記名式のチケットでない場合、席番号がわからないと返却できないとのこと。

私の席は二階席の後ろから二列目なので、拾った人にメリットはないからその点は問題ないが、今日に限っては実券が必要な理由があったのだ。

ジットリと汗をにじませながら、協会事務所で覚えている限りの席番号を告げ、座席表でこの辺ですと指し示す。
この時点まで、チケットが届いているのかどうかもわからない状態。
まるで、悪いことをして職員室に呼び出されたような、何か試されているようなイヤ~な感覚…

「ハイ」と職員さんに差し出されたチケット!オー!イッツ、マイン!!

必死になる程良い席でもないので、恥ずかしさもひとしおでございました…
何度もお礼を言い、職員室を出る時のように「失礼しました」とお辞儀して事務室を後にしたのでした。

普通は入れない場所に入れて、不謹慎にもちょっと嬉しかったです。
拾って届けて下さった方、本当にありがとうございました!!

そしてそして、 何故そうまでして探し出す必要があったのかというと…
SNS連動企画で、大相撲協会のTwitterかLINEに登録してアンケートに答えるとクリアファイルがもらえる特典があったのだった!!

b0075027_23502432.jpg



右側の黒いファイルがその特典。
左のファイルは、カレンダーを買ったらオマケでもらえました。わーい♪

そしてこの後再びチケットを見失ってイヤな汗をかいたのですが、ちゃんと持ってました…あんな思いをした直後に、しまった場所を忘れるとか、ちょっと自分の脳が心配になりました。

<<長くなってきたので、つづく>>





[PR]

by knkngi | 2014-01-22 23:10 | すもう
2010年 11月 03日
一つの時代の終わり
前回、久米島のことを書いてからほぼ1ヶ月経ってしまった!
1ヶ月経ってしまったので、ちょうど1ヶ月前に行った朝青龍の断髪式について記録しておきます。

10月3日、とうとうその日はやってきてしまった。
すごく楽しみで、できれば来て欲しくなかったその日。
横綱・朝青龍が完全に力士でなくなってしまう日。

開場時間は11時。
いつもの本場所のときは、この時間帯の両国国技館周辺の人はまばらですが、さすがに式次第がかっちり決まった断髪式ということで、時間通りにやってきたお客さんで木戸周辺はラッシュ時の中央線のよう。
自身も引退したばかりの海鵬さんももぎりをやっていました。

館内に入ると、なにやら人だかりが。
なにかしら?と近づいてみるとそこには…
b0075027_234311.jpg

私より一日お兄さんの人気力士、高見盛関がお客さんに囲まれておりました。
幕内の力士がこんなところにいるなんて、本場所中では考えられませんが、さすが花相撲。
巡業みたいなものなので、ファンサービスをしてくれるようです。
それにしても、完全に目が死んでますが。

一通り売店をチェックすると、この日限定のグッズや、今までの残りの朝青龍グッズが「現品限り」と書かれて売られていた。
ああ、もう買えなくなっちゃうんだね…。

そうこうしているうちに、催しが始まった。
最初は髷結い実演。
朝赤龍がモデルになって、アナウンスで解説しながら大銀杏が結われていきます。
結われながら、観客席に手なんか振っちゃったりして、和やかムードです。
b0075027_2016100.jpg


そして、一度見てみたいと思っていた初っ切り。
相撲コントみたいなもので、取組を面白おかしく見せてくれます。
力士二人と、行司さんの見事なコンビネーションに私も場内も大爆笑。
現役力士による相撲甚句も初めて見られました。
やっぱり今度巡業にも行ってみたいなあ。

そしていよいよ、最後の土俵入りが始まってしまいました。
太刀持ちに日馬富士、露払いに朝赤龍を従えて、朝青龍が土俵に上がる。
横綱を締めた、まわし姿もこれで見納めなんだ…。
引退を表明してから半年以上経つのに体も張ってるし、なによりこのカリスマ性。
なんで辞めちゃうの?まだまだまだ十分に強い横綱なのに!!
きれいな土俵入りでした。
感極まって早くも涙が出そうだったけど、グッと我慢。

紋付袴に衣替えして再び現れた朝青龍。
とうとう断髪式が始まってしまった。
b0075027_202249.jpg


次々と招待客が名前を呼ばれ、髷にハサミが入れられていく。
ものすごい人数がハサミを入れていくので、なんだかんだで2時間は続いた。
初めて生で見る断髪式に最初は興味津々だったけど、さすがに飽きてくる。

時々、著名人の名前が呼ばれると場内がざわめく。
場内には有名人の姿もチラホラ。
みのもんた、宮根さん、亀田兄、国生さゆり(切ったのは彼氏?の方)、赤井英一、島木譲二、ホリエモン、デーブ・スペクター、つんく、沢村一樹、m-floのバーバル、ホンジャマカ恵、ジャガー横田(切ったのは木下医師)…
さらに曙や、北の湖、北の富士さん、千代の富士、白鵬、日馬富士、朝赤龍と、相撲関係者もハサミを入れていく(以上、順不同です)。
こんなにたくさんの著名人を一気に見られる機会もなかなかないよなあ。

中でも、ロックンローラー内田裕也氏は目立っていました。
b0075027_202690.jpg

ちゃんとサングラスもはずして、軽やかに土俵に飛び上がった裕也さん。ロックだぜ!
そうそう、バーバルさんもちゃんとサングラス無しだったのが、時と場所をわきまえてて素敵でした。(朝青龍の右上に写ってますね)

そして、場内の照明が落とされ、土俵中央の朝青龍がスポットライトに照らし出される。
b0075027_203059.jpg

アナウンサーがこれまでの相撲人生を振り返る。
とても感動的な演出だー。
私の隣に座っていた、一人出来ているおば様は、おうおう嗚咽しながら号泣している。
私もちょっと泣きそうだったけど、涙こぼれるほどには至らなかった。

そして再び場内が明るくなり、高砂親方が止めバサミを入れる。
ざく、ざく、ざく。
力士の命である髷がなくなり、朝青龍は横綱ではなくなってしまった。
泣きそうな顔をすることもあったけど、最後までにこやかだった。
湿っぽくなくて、いい断髪式だった。
b0075027_203486.jpg



その後、幕の内の取組が始まった。
本場所ではない花相撲を見たのも初めて。これはこれで面白いな。
取組が終わると、今日のイベントは全て終了。

果たして生まれ変わったドルジはどんなヘアスタイルになったんだろう?
その場では知ることが出来ず、帰りに携帯のワンセグでニュースを片っ端からチェックして、やっと髪を整えた姿も見ることが出来た。
本人も言っていたけど、プロレスラーみたい。
大銀杏はもう結えないけど、ポニーテールも似合ってたから、また伸ばしてくれないかなあ。

もうすぐ、今年最後の九州場所が始まります。
きっと白鵬が優勝するんだとは思うけど、そろそろ誰かが土をつけてくれることを切に願います。
とにかく、面白い場所になりますように。
[PR]

by knkngi | 2010-11-03 23:23 | すもう
2010年 09月 23日
ファンサービス
今場所も行って来ました国技館。
今日こそは最後、といわれた真夏日。やっぱり暑かった!

なんやかんや不祥事が続いたせいか、連休と祝日の谷間の平日のせいか、場内はいつもより人が少ないようだった。
博物館の展示を見たり、一通り売店をひやかしたりしてから、地下の大広間へちゃんこを食べに行った。

すると、一番端のテーブルで元北桜の小野川親方がちゃんこを食べていた。
知人と思しき人と、楽しそうに談笑している。
ちょうどいいタイミングで隣のテーブルが空いたので、北桜さんが見える位置でちゃんこを食べることに。
同行したAちゃんがサインをもらいに行くと快く引き受けてくれて、私も一緒に写真も撮ってくれた。
気さくに話もしてくれたり、ダジャレをぶちかましてきたり、「(国技館へ)ようこそ」と言ってくれたり、とてもいい方だった。
引退してから半年ほどしか経っていないけど、体重を40kgも落としたそうな。
見た目からして現役のときと随分変わってほっそりしていた。

その後、元栃東の玉ノ井親方から手渡しで団扇をもらったり、どすこいFMで親方のすぐ近くに座って相撲を観戦したり、いつものように大相撲観戦を満喫していた。

幕の内の取組が終盤に差し掛かった頃、北桜さんが2階席に現れた。
さすが元人気力士、ファンに話しかけられたりしていたけど、私たちの席とは反対方向へ歩いていってしまった。
あら残念と思っていたら、2階席をぐるっと一周して私たちの方へ戻ってきた。
そして私の目の前まで来ると、顔を近づけて

「先ほどはどうも」

と話しかけてくれたのだ!
そして、びっくり仰天する私にでっかい飴玉をくれた。
さらに北桜さんの方から握手を求めてくれた。
同じように、隣に座るAちゃんにも飴玉と握手を。
覚えていてくれるだけでもうれしいのに、そこまでファンサービスしてくれるとは!
もちろん私たちにだけそうしていたわけではなくて、場内にいるファンのみんなにそうやって接している様子だった。
いやーびっくり。
現役のときからファンサービスに力を入れている方だったけど、本当にマメなんだなあ。

テンション上がりまくった直後に、大関の魁皇も逆とったりという珍しい技で勝利をつかみ、場内も私も盛り上がったのなんの。
結びの一番は当然のように白鵬が勝っちゃったので盛り上がりに欠けたけど。
それにしても、何度見に来ても面白いことがおこるなあ、国技館!

b0075027_1574360.jpg

北桜さんからいただいた飴、その名はホウセキ玉!!
[PR]

by knkngi | 2010-09-23 01:58 | すもう
2010年 05月 22日
真夏のような日に
b0075027_2114769.jpg
今日はバイトの帰りに大相撲観戦!
なんだかんだと小忙しいので、今場所は唯一の観戦。

2時過ぎくらいに国技館に到着すると、最近誕生した公式キャラクター、セキトリくんがお出迎え。
まずは相撲博物館へ。
今の企画展示は、「関取の場所入り展」。
ご出勤のときに着て来る“染め抜き”という着物が展示されている。
最近引退したばかりの、私と同世代の親方達が現役時代に着ていたカラフルな着物がズラリ。
四股名が染め抜かれているので染め抜きと言うのだそうな。
四股名以外にも、龍やら虎やら鳳凰やらが鮮やかに描かれていて、とてもきれいでした。高そー!!

今までは博物館の一角に歴代横綱の写真(昔の人は錦絵)が展示されていたのですが、今回は松林モトキ先生の相撲絵に変わっていました。
でも数枚をのぞいて直筆原稿じゃないのが残念。

とりあえず自分の席で腹ごしらえ。今日は外でパンを買ってきました。
新大関の把瑠都弁当も売っていましたが、パッケージのデザインが良くない!
なんで今までのデザインを踏襲しないんだろう?

今日の館内限定「どすこいFM」のゲストは、初出演だという元横綱 三重の海の武蔵川理事長。
そして後半のゲストは、今年に入って引退したばかりの元大関 千代大海の佐ノ山親方!!
ラッキー!!
ラジオで解説しつつ、自身の断髪式のチラシを配っているというので、サインをいただいてきました。
解説は分りやすかったし、もともと面白い人なので、今後も活躍することでしょう。

13日目にして白鵬の優勝があっさり決まってしまってつまんなーい!
やっぱり朝青龍がいないと盛り上がらないなあ。
でもあと二日、テレビで見ながら仕事しマース。
[PR]

by knkngi | 2010-05-22 02:11 | すもう
2010年 02月 09日
ドルジ
先週起こった大事件。
この件についてやはりこの場で触れないわけにはいかないでしょう。
すぐに書かなかったのは、思いをまとめられないほどショックだったから。
…では全くなくて、単にまとまった時間を取れなかったから。

と言うわけで、朝青龍に関してのお話しです。
引退してしまったことは、本当に本当に残念です。
まだまだ十分に強くて、私達をワクワクさせてくれるはずだったのに。
去年の春につづいて、今年も靖国神社で会えると思っていたのに。

今まではなんとか辞めさせられずにいたけれど、今回ばかりは本当にマズイ気がして、私は覚悟をしていました。
ミヤネ屋の放送中に流れた臨時ニュースのチャイムを聞いた瞬間、「やっぱりか!」と。
思った通りに引退の文字が表示されて、ウトウトしていた目がバッチリ覚めました。

その後の会見などは連日テレビで放送されているので、ご覧になった方も多いと思います。
「涙を流しての会見」ということがやたら強調されていましたが、笑顔だった時間がほとんどだったと思います。
湿っぽくなくて、朝青龍らしい会見でした。

むしろその後の白鵬の会見の方が、「お前が引退するんかい!」とつっこみたくなるような湿っぽさ。
本当に引退する時はどんだけ泣くんだろうと、先が思いやられました。
必要以上に敵対視しているのかと思っていましたが、白鵬にとってもやはりそれだけ大きな存在だったのでしょう。

かつて“北玉時代” の横綱・玉の海が虫垂炎で急逝したのを知ったライバル横綱・北の富士(千代の富士の師匠)が人目をはばからず号泣したシーンが頭をよぎりました。
奇遇にもデーモン小暮閣下も同じ事をブログで書かれていました。
大きなライバルを失った北の富士もその後勢いがなくなってしまい、比較的早く引退してしまったのですが、白鵬はまだまだ若いし大丈夫だと信じたいです。


初場所の千秋楽の結びの一番。
すでに前日に優勝を決めていた朝青龍は、いつもの、締め込みを叩いて気合いを入れる仕草をしませんでした。
結果として最後になった本割りの取組なのに、手を抜いたとは言わないまでも、気合いが入りきっていなかったのかと思うとそれも残念でなりません。
国技館に飾られたばかりの、気合いを入れる仕草の優勝掲額が悲しいよう!

引退して当然という意見も多いですが、私はそこまでシビアに言い切ることが出来ません。
横綱審議委員の人気を終えた内舘牧子先輩(ムサビ卒)の「アスリートとしては150%好きだけど、横綱としては許せない」というセリフにはちょっとシビれました。
本当に相撲が、それからきっと朝青龍のことも好きなんだなあ!

内舘先輩にそこまで言わせるほど、本当に魅力的な相撲を取る横綱でした。
面白い相撲を見せてくれてありがとうございました。
あー去年もう一歩踏み込んで握手もしてもらっておけばよかった!!

白鵬も確かにものすごく強いけど、全身の毛穴が開くような「面白い」相撲は今後も取れない気がします。
早いところ、白鵬を脅かすような力士が現れることを心の底から願います!マジで!!

b0075027_415385.jpg

写真は今年の大相撲カレンダー。
二人の笑顔が切ないぜ!
[PR]

by knkngi | 2010-02-09 04:25 | すもう
2010年 01月 14日
千代大海
1月といえば大相撲初場所。
初日は外出していたため大相撲中継を見られなかったのですが、3年ぶりの天覧相撲でした。
土俵入りは普通だったのでしょうか?
普通土俵に添って円陣を組むように力士が並ぶのですが、皇族の方が見に来る時は、正面席に向かって朝礼のようにならんで土俵入りするんだよなあ。

その翌日の2日目に、恒例の国技館観戦に行って来ました。
なぜ始まってすぐに見に行ったかというと、千代大海を見ておきたかったから。
11月の九州場所で大関陥落して関脇になった千代大海。
10勝以上しないと大関には戻れない=6敗したら引退。
確実に見るためには、早く行っておく必要があったのです。

関脇以下の力士は、国技館の門から中まで歩いて出勤してきます。
相撲を見るようになった時はすでに大関だったため、千代大海は間近で見たことがなかったけど、今回は近くで見るチャンス!
急に寒くなった曇天のなか、重役出勤の千代大海を待ち続け、何とか近くで見ることができました。

b0075027_0474627.jpg実際の取組はと言うと、残念ながら初日に続いての黒星。
この日は、大関の魁皇が千代の富士に並ぶ幕内勝ち星808勝を上げ、館内は大盛り上がりだった。

3日目。その魁皇と千代大海の対戦が組まれた。
新記録を欠けた一戦。
生中継で見ていたけど、悲しいくらいもろく、千代大海は負けてしまった。

そして今日。
バイト中に友人Aから千代大海引退の報告メールが届く。
そうか…やっぱりね…。
同い年の力士がまた引退してしまった。
残念だけど、最後にとどめを刺したのが魁皇で良かったと思う。
本人もそうコメントしてたし。

初場所はまだまだ続きます。
[PR]

by knkngi | 2010-01-14 00:49 | すもう
2009年 05月 26日
テレビ出演
最近、我が家のテレビはアナログ放送ならNHK衛星第1・第2が映ることが判明致しました。
BSの契約はしていないのですが、アンテナではなくケーブルで受信しているからじゃないかかと思います。

以前からテレビ神奈川や埼玉が映ることはわかっていたのですが、ハードディスクレコーダーが勝手にやってくれていたチャンネル設定のおかげで気がついたのです。
ハードディスクレコーダー自体も4年くらい使っているのに、今まで全く気付いてませんでした。
なんだかラッキー♪

衛星が映るとわかった瞬間、真っ先に思ったことは、


「す、相撲が1時から見られる…!」


でした。どんだけ好きなんだよ私。
おかげで今場所は、昼の1時から夕方6時までドップリと大相撲観戦に興じるのでした。
とはいってもそんなに毎日長時間集中してみられるはずもなく、ながら見だったり、途中でウトウトしちゃったりしました。

三段目や幕下の、若手の取組にも熱戦は多く、こんなに沢山の若者が頂点を目指してるんだと思うと、関取になるってやっぱりすごいことなんだと実感しました。


今場所も友人Aと国技館へ行って来ました。
早い時間の国技館はガラガラに空いているので、最前列で見ることも可能。
ということで…テレビに映ってきました。

b0075027_2115966.jpg

出演(笑)約1時間。
もっとアップでハッキリバッチリ映ったところもありました。
録画したのは古いブラウン管のテレビだったので、端の方に半身だけ映ってることが多かったけど、地デジ対応のワイドテレビだったら、ずっと映り続けてたかも?
[PR]

by knkngi | 2009-05-26 01:54 | すもう
2009年 04月 12日
桜吹雪の靖国神社
行こうかどうしようか悩んでいましたが、まるで示し合わせたかのように条件が整ったので、行ってきました靖国神社奉納大相撲!
年に6回、国技館などで行われる本場所(NHKで夕方から中継しているアレ)とはちがい、巡業では力士たちもリラックスしていて、交流ができるとのこと。
いつかは行きたいと思っていたけど、行ってやりました一人で。

実は靖国神社の中に入るのも初めて。
桜が有名なのは知っていましたが、こんなにも桜の木だらけだとは知りませんでした。
よく見ると、戦没者のために奉納されたという札が下がっていたりするけど…。
桜の花はもうほとんど散っていたけど、快晴の青空の下で桜吹雪が舞いちる、風情ある空間でした。

まずは私もお参りを。
本殿の前に行くと、すでに奉納土俵入りを待つ関係者席には黒服の人がいっぱい。
私がお参りし終わった後すぐに、一時立ち入り禁止のロープが張られた。
もうすぐ幕内力士たちがお参りしに来るので、私はその列を見るため、グッドポジションの最前列をキープ。
周りは、何が起こるかあまりわかっていない一般の参拝客が多いようだった。

待っている間に、おでこになにやら液体が降ってきた。
手でぬぐうと、変なニオイが。
鳥か虫のおしっこか!?
なぜピンポイントで私の顔面に!?
上を見上げても桜が舞いちるばかり…。

そして、遠く向こう側に少しずつ力士たちが集まり始め、両横綱がそろったところで参拝が始まった。
b0075027_1162245.jpg神主さんに先導され、親方衆を先頭に、横綱、大関…と番付順に列をなしてこちらへ向かってくる、化粧まわしの力士たち。
国技館で見るのとはまた全然違う!
っていうか国技館じゃこんな近くで化粧まわし姿を見られないし!

貴乃花親方の後に続くは横綱・朝青龍!こんな至近距離で見られるなんて!
写真撮らなきゃ!携帯でも撮りたい!でも肉眼でも見ないと!!
テンパる私の前を、ぞろぞろと力士たちが通り過ぎていく。
ああ、安美錦も!

そしてしばらくすると参拝を済ませた力士たちがぞろぞろと戻ってきた。
行きは整列していたけど、帰りは三々五々、手に紙袋をぶら下げて、仲良し通しで談笑したりしつつ歩いていた。
お守りかお札でも入っているであろう縦長の紙袋はまるで七五三みたいにも見えておかしかった。

一通り幕内力士が戻っていくと、ロープが張り直され、神前での土俵入りが始まった。
私はまたも最前列に行けたけど、いかんせん真横過ぎるし遠いので、土俵入り自体は良く見えなかった。

神事が終わり、神社の奧にある相撲場で幕内の土俵入りと取組が始まった。
相撲場への入場は無料だけど、立ち見でギューギューらしいので、私は花道で出てくる力士を待つことにした。
力士とふれあうにはここがいいらしい。

ファンの人達が声をかけると、力士たちは気さくにサインや握手に応じてくれていた。
たまたま私の隣には、過去にも来たことがあるらしいサインコレクターおばちゃんがいたので、大関・琴光喜や稀勢の里、普天王を目の前で見ることができた。
国技館の時は、横綱と大関は地下駐車場へ直接出勤してくるので、こんなに近くで拝むことはほぼ不可能。

そして、2度目の土俵入りを終えて控え室へ向かう朝青龍が目の前を通る!
サインおばちゃんが「サイン頂戴!」と声をかけると、朝青龍は「締め込み締めてから!(この時はまだ化粧まわしを着けている)」と笑顔で答える。
「約束したんだから絶対よ!」とはしゃぐおばちゃん。

そして、締め込みを締めて戻ってきた朝青龍は笑顔でおばちゃんを指さし、本当に約束通りサインをしに来てくれた。
横から急にサインをくれといってきたオッサンに「順番だよ!(このおばちゃんが先だ)」とたしなめる。
義理堅い!
もちろん私も便乗してサインをいただいた。

b0075027_1352881.jpgシャラシャラシャラのシャッ!

…まったく読めないけど。

頼めば赤ちゃんも抱っこしてくれてたし、本当に良いヤツ、ファン太郎!
根強いファンがいるのも頷けるわ。

その後もたびたび豪華力士陣が前を横切ったが、二兎を追う者は一兎をも得ず。
あとは安美錦だけに会えればいいの!

一度、浴衣を着た安美錦が少し離れたところを歩いていったが、それっきり花道を通ることはなかった。
後で知ったことだけど、膝のケガがあるために大事を取って取組はなかったらしい。
だから通らなかったのかー!!残念!

相撲場から聞こえてくる場内放送によると、朝青龍対白鵬は寄り切って朝青龍の勝ち。
やったね。

力士たちはそのままバスに乗って次の巡業先へ向かう。
力士だけではなく、行司さんや呼び出しさんも沢山のバスに分乗。
そんな中、朝青龍だけは真っ青のフェラーリの助手席に乗ってどこかへ消えていった。
流石だぜ。

力士たちは窓の向こうから手を振っていた。
もう寝ちゃってる人もいる。
我らが安美錦は、窓を開けて手を振ってくれていた。
バスの台数が多いので、出口渋滞でしばらく停車していた。
そこまで追いかけていって、窓から握手をしてもらった。
大型の観光バスなので、背伸びして手を伸ばす。
気分はロミオとジュリエット!?(ウソ)
イヤッホウ!ありがとーう!!
いつかは同じ土の上で握手をしてもらおう。サインももらおう。
次回に楽しみが残されたということで!

余談。
9年前に買ったデジカメでバシバシとった写真は、なんとスマートメディア(もう製造していないらしい)が読み込み不可能となり、見ることができなくなった。
昨日は見れてたのに!
でもいいの。心のフィルムに焼き付けたもん!!(負け惜しみ)

もういい加減に買い換えるか…。
[PR]

by knkngi | 2009-04-12 01:57 | すもう